家庭教師を呼ぶときに用意しておくものが、いくつかあります。その中で一番大切なのは、教材です。学校で使っている教科書や問題集があれば、十分です。高額な教材を用意する必要はありません。優れたスキルを持っている先生だったら、教科書があれば、上手な授業をすることができます。他に用意するものとしては、成績表やこれまでのテストがあります。この2つがあれば、子供のこれまでの成績を把握できます。同時に、子供の弱いところを先生が理解して、今後の授業に役立てられるようになります。用意するテストや成績表は多い方が良いです。多ければ、子供が分からなくなっているところを突き止めやすくなります。もし処分してしまったら、それを気にする必要はありません。食事などの用意は必要ありません。

学校で使っている教科書や問題集を用意する

家庭教師を呼ぶときには、学校で使っている教科書を用意しましょう。子供の勉強で一番大切なのは、教科書です。教科書に書いてあることを理解できるようになれば、子供の成績は上がっていきます。他の教材が必要になることもあります。それは家庭教師が用意します。その費用を負担しなければならないことがありますが、それほど高額なものではありません。教科書の他には、学校で使っている問題集や副読本を用意しましょう。これらのものも、家庭での勉強に使われることがあります。英語の場合は、辞書も必要です。辞書は電子辞書でも構いません。社会だったら、地図や年表を使うことがあります。それまで塾に行ったことがあったら、その塾のテキストも出しておきましょう。そして、分からなかった箇所を先生にたずねます。

今後の授業のためにテストや成績表も出しておく

テストや成績表の準備も忘れてはいけません。成績が悪い場合は、恥ずかしさを感じるかもしれませんが、それを気にしてはいけません。家に来る先生がそれを責めることはありません。テストや成績表を見て、その生徒の苦手なところを把握しようと思います。勉強で大切なことは、苦手な個所の克服です。テストや成績表を先生が見ることは、苦手克服の第一歩になります。もし過去のテストが取ってあったら、それも出しましょう。低学年のテストも、今後の従業に役立てられます。算数のような科目だったら、低学年で分からなかったことが、今の学年の成績の不振の原因になっていることがあります。テストや成績表が残っていなかったら、それほど気にする必要はありません。食事や心づけなどの用意は必要ありません。